2012年4月26日、「当別遠征」。
ほぼ強風・向かい風の悪天候の中、72.52km走り、初の週間走行
距離400km超え(4/20〜)、初の月間走行距離1000km超え(3/29から
28日目)を達成

(2012/4/27〜4/29、作成。 2012/4/29、アップロード)




●生涯唯一度の大記録達成の為だけに走る

この日、3/7から続く休足日無しの二時間以上のランニングは、51日目となる。
なので、心身に疲労は濃い。
走り始めると、脚は重いし、ペースアップするとすぐに心肺がキツさを増す。
然し、この日に超ロング走に挑んだのには理由が在る。
その一週間前の4/20(金)に120km走をしたのだが、その後も42km走や二部練を続けた為、4/20からの週間走行距離があっさりと初の300kmを突破。
この日に67.61km走れば、更に週間走行距離の自己ベスト記録は初の400kmに達する。
なので、ランナーとして自己ベスト記録の更新好きな私は、雨、強風を天気予報で知りつつ、この日の超ロング走を開始する。
そのスタミナを付けるカーボ・ローディングとして、前日の昼食は、オープン初日のラーメン店「麺や虎鉄新琴似店」で「限定豚そばチャーシュー大盛」&
ライス大盛を食べ、二部練の19.01km走の後、夜食も大食いした。

夜食後、翌日朝の超ロング走の準備をし、22時52分に就床し、超ロング走決行日の起床は5時00分。
今回もいつも通り、起床直後に水を1杯飲んだ後に排便。
体操・ストレッチの後、ブラックコーヒーを1杯飲み、着替えを済ませ、出発準備を整えた。
 (習慣で、減量ランニングとしての序盤からの脂肪燃焼効果を高めるため、今回も朝食は取っていない)
ランニングのスタートは6時21分と、前夜に就床した時間が遅い分、走り始めた時間も遅れた。
 (この日の札幌の日の出は4時36分)
この時の服装は、雨に備え、ニット帽・イヤーウォーマー・ネックウォーマー・防寒用グローブを予備にバックパックに入れたうえで、
ランニングTシャツ1枚、ランニングロングスリーブシャツ1枚、下着、ウォームアップウェア上下。
足は、濡れ・マメ防止のため、5本指ソックスに更に普通のソックスを重ね着したうえで超ロング走(42km以上)用のシューズ(GEL-SAROMA)を履いた。
他、ランニングキャップ、ランニンググローブ。
バックパックには他に、現金(万一、故障等でランニング中止の際の自宅までの交通費や飲食代)、飲食物や、ForeAthlete405を充電する
Energizer(R) XP18000、食事休憩中に読む本等を入れていた。
出発時、地元の気温は11度だった。
前二回の超ロング走同様、「調整」や「ミニ調整」は無い為、初めから身体は鈍重であり、疲労している膝や脚が故障しないよう、ペースは
初めから1km/6:30〜6:40というスローペースを意識した。
普段なら全く疲れない楽なペースなのだが、この日に限って初めから向かい風が強く、そのうえ雨の予報が有った。
特に午後の降水確率が高く、午後になるまでに45km以上は消化しておきたいと思った。
15km地点辺りから空腹が始まったので、20km地点以降から給食する事にした。
8時55分、21km地点で、42km走の時のコースでの折り返し地点によく来る石狩市国道の某所に到着。
一口サイズの「三黒製菓 鈴かすてら」2個を給食として口に入れつつ走った。
給水は5km毎に、500mlのアミノバイタルプロを1/3に薄め、水と塩を混ぜた特製のドリンクを4口摂取した。
今回もこの特製ドリンクを1.5L、バックパックに入れて走った。
ここに来た時点で10kmに及ぶ冷たい向かい風で心身の疲労感が増していた。
 (特に石狩川辺りでは精神的に死にかける程の突風で、身体が何度も横に飛ばされそうになり、ランニングキャップが頭から吹き飛ばされないよう、
  キツく締めてかぶったうえで、更にキャップを片手で押えて走った)


9時45分、28.16km地点(3時間09分21秒)で当別町の境に達した。
 (札幌市内でも堆積場や日陰にはまだ雪が融け残っているが、石狩市や当別町では、割とあちこちで融け残りの雪にお目にかかった。
  風が強いだけに、気温も低く感じ、重ね着等やバックパックに入れた冬用装備等、防寒に努めて正解だった)
然しここまでも、そしてここからも強い向かい風が続き、酷い時には1km/7分ペースまで落ち、走るのも大変だった。
閑散とした道道で、交通量も少なく、コンビニも無ければ食事休憩出来そうな強風を防ぐ建物(バス停の待合室等)も全く無い。
この状況が更に十数kmは続く事を予想し、これなら当別町ではなく、小樽市や千歳市の方を目指しても良かったなと思った。
 (ただ、小樽や千歳だと、途中、長い上り坂を何度も走る事になり、今の鈍重な脚の状態では通りたくない為、今回は小樽や千歳への
  遠征を避け、まだランニングで訪れた事のない当別町を選んだのだった)
実際に予想は的中し、何も無い当別を延々黙々と走りつつ、当別川付近では、石狩川同様、数kmに及ぶ吹き飛ばされそうな程の
強い向かい風、横からの突風で、心身の疲労がドっと増した。
42km余り消化したところで、今後もランニングキャップが飛ばないよう頭を押さえて走るのはいい加減疲れたので、ランニングキャップを外し、
防寒用のイヤーウォーマーとニット帽をかぶった。
おかげで以後、かぶり物が強風で吹き飛ばされそうになる心配からは解放された。
当初の予定では、42km地点以降からどこか適当な場所で食事休憩するはずが、その適当な場所も見当たらず、仕方なく走り続けた。
 (晴れで無風なら、閑散とした歩行者もいないその辺の歩道や河川敷等で、ForeAthlete405を充電しつつ食事するのだが、これだけ風が強いと、
  何か物を置いた瞬間に遠くへ吹き飛ばされるだろう)
雨が降らないのが不幸中の幸いだった。
そして5kmごとの給食で、空腹が強まりながらも何とか走り続ける事が出来た。



そうして20km以上も当別を走り、50km地点を超え(50.06km、5時間35分22秒)、石狩川の橋に達し、再び強烈な向かい風、横からの突風に遭い、
三度死にそうな気分になった。
それだけに、橋を越えて札幌市内に戻って安堵した。
13時02分、食事休憩場所として近くの駅を目指す途中、バス停の待合室を発見したので、ここで食事休憩する事にした。
バッテリー残量が19%のForeAthlete405を充電しつつ、本を読みつつ食事休憩。
 (食事休憩までに給水は5km・10km・15km・20kmで4口ずつ、25km・30km・35km・40km・45km・50kmで8口ずつ、計750ml程摂取。
  1口サイズのカステラは20km・25km・30km・35km・40km・45km・50kmで2個ずつ、計14個摂取)
向かい風にずっと苦しみつつ、既に5時間58分54秒、53.62km走って心身クタクタだったが、シューズを脱いで足を楽にしつつ食事休憩する事で、
気力・体力が大分回復した感じだった。
然し外からの強い風で身体はすっかり冷えたので、以後は防寒用グローブに替えて走る事にした。
14時04分、食事を終え、ForeAthlete405のバッテリー残量が67%まで回復したのを確認し、程なくランニングを再開。


既に53.62km走り終え、残り13.99km走れば週間走行距離400kmは達成するので、気分的には楽だった。
精々90分余りだ。
然し67.61kmという中途半端な距離で終えるのも何だし、折角だから超ロング走らしく、70kmは走る事にした。
 (100kmマラソンのトレーニングとしての超ロング走でも、ネットによると70km走は定番の一つのようだ)
毎日2時間走をしているだけに、もう残り2時間程度のランニングでこの大記録が達成出来ると思うとテンションも上がる。
食事休憩前は延々と続いた向かい風が止まったのも、予報の雨が未だ無いのも幸いだった。
然し終盤の5kmで再び強い向かい風に襲われ、ラスト2〜3kmで一気に疲労感が増した。
それでも最後の200m余はラストスパートでペースアップし、16時29分、無事に自宅前に着き完走。
終わってみれば、8時間05分36秒、72.49km走ったのだった。
この時、ランニング開始後からの給水は1.5Lに至り、1口サイズのカステラは、60km・65km・70km・完走時を含め、計18個食べ、袋には6個
残っていた。
405のバッテリー残量は37%。
流石に今日の悪天候では、72km走中、ジョガーなりランナーを見かける事は遂になかった。

幸い今回は、前回の120km走のようにマメができずに済んだ。
後半は時折両膝がズキっとしたが、毎日走っている以上、最近はよく有る事で、痛みに発展する程ではなかった。
帰宅後、普段通りにシャワー、着替え、太股・膝・脹脛等のマッサージ、ストレッチ、体操、膝・脹脛等のアイシングをした後、
ネットをしつつ夜食した。
ビヒダス150g、炭酸飲料0.6杯、ごま大さじ1杯、牛乳1杯、鈴かすてらの残り6個、「タンゴ グリスピー ストロベリー」(130gの板チョコ)の半分、
6枚切り食パンを7枚、「森永 ムーンライト」(16枚入りのビスケット)の半分、水5.3杯、味噌汁1杯、納豆45gをランニング後の夜食として大食いした。
ランニング中の食事休憩で食べたのは、「日清シスコ セサミサブレ」(24枚入りのビスケット)の内の残り21枚。
この日は一日で3253kcalは摂取した。
72.49kmのランニングによる消費カロリーは3964kcalなので、差し引いた残りの711kcalと基礎代謝分の合計値が、この日の減量としての貯金と言える。
然し体重は前日の大盛ラーメンやライスの完食(スープを含め)も有り、0.3kg増えていた。
長い夜食の後半から終盤、何度も寝落ちしかけたので、食後、歯を磨いて22時38分に就床。
この日も直ぐに熟睡したのだった。
この日の72km走により、4/20(金)の120km走(「定山渓遠征」)からの週間走行距離は404.91km(21480kcal)になり、初の週間走行距離400kmを
達成した。
また、3/29(木)の100km走(「恵庭遠征」)からの走行距離は1028.16km(54683kcal)になり、3/29から28日目にして、初の月間走行距離1000kmの
方も達成した。
普通のサブ4クラスの市民ランナーの週間走行距離・月間走行距離の4倍以上は走っただろう。
 (一流選手でも月間走行距離1000km越えはそういないだろうし、まして週間走行距離400kmとなると、数日間に及ぶウルトラマラソンや
  トレーニングにでも参加しないと、故障が怖いだけにあり得ない気がする)
膝・脚等の故障もなく、恐らく生涯唯一度になるだろう二つの大記録を達成した事に、私は満足したのである。






●72km走翌日(4/27)のダメージ

起床は5時00分。
初めの5kmは1km/7分ペースでしか走れない程、両太股ははっており、脚は重かった。
ペースアップするとすぐに心肺がキツくなる程息切れし、気力も最低で、給水しても唇がすぐ渇く等、脱水症状も有るので、走れるだけマシの状態だった。
毎日2時間以上走り、最近の走行距離や二部練回数の増加、前日の72km走での疲労からして、空腹状態での早朝JOGで不調なのは当然で、
帰宅後、昼食と4時間の仮眠(昼寝)を経た後の夕方の二部練で、ようやく、若干は速く走れるまでに回復した。
走り始め等、両膝が瞬間的にズキっとするので、夕練は意識してスローペースで走った。





●72km走2日後(4/28)のダメージ

起床は5時00分。
この日の早朝JOGも、前朝同様、脚が重くだるいので、ペースも前朝とほぼ同じだった。
時折、両膝に違和感が有り、後半はずっとそれが続いたので、やはりスローペースを意識して走った。
二部練は夕方ではなく、朝練が終わって2時間40分程で開始した。
 (その間に外出する用事があり、帰宅後、昼食を取るよりも先に二部練を済ませ、翌日の早朝JOGまで、身体を休ませる時間を少しでも
  長くしようと判断した為)
朝食のおかげか、前半から身体も軽く、自然とペースアップし、両膝も違和感が無いので、両脚そのものは重く、気温20度と暑い中ではあったが、
今週の340kmに至るランニングの締めくくりとして、後半はペースアップし、心肺はキツくなったものの、最後まで失速する事はなく、久々に
2時間走で20km以上走る事が出来た。
2日前の72km走のおかげで、4/22〜4/28の週間走行距離は343.18kmと、それまでの自己ベスト記録である2012/4/15〜4/21の252.68kmを更新し、
合計カロリーも18434kcalと、同じくそれまでの自己ベスト記録である2012/4/15〜4/21の13227kcalを更新した。
1日あたり、49.02kmを走り、2633kcalを消費した事になる。
腹が減りやすく、昼食・夜食の摂取カロリーが増え、二回のドカ食いをし、この合計カロリーの割に、体重そのものは逆に増え、減量としては
後退した一週間だった。
 (ただしこの一週間は二部練も多く、ランニングで毎日4時間以上は走っているので、体内の水分が相当抜けているだろうし、体組成計や
  体脂肪計で数値を見ても、正確な体重が分かりずらい。
  腹筋が完全に割れているので、若干は体脂肪が減ったとは思う)




戻る






この日(2012/4/26)の72kmランニングの記録(ForeAthlete405より)

4/20の120km走に続き、今回も食事制限&2時間走(3/7に再開し、3/29で連続51日目)でミニ調整すら全くせず、前夜にカーボ
ローディングとして少し多めに食べた程度なので、足と心肺の疲れが有り、おまけに石狩・当別を初め、終盤も強風の向かい風が
続いた為、辛さは前回の120km走にも勝ったが、最初で最後の週間走行距離400km超えへの挑戦と達成の為だけに、この日、
72.52kmを完走した






戻る






72km走翌日(2012/4/27)のランニングの記録(ForeAthlete405より)


いつも通りに朝と夕方の二部練で2時間走をこなしたが、前日の72km走でほぼずっと、強風や向かい風に悩まされ疲労が有った分、
いつも以上にスローペースを余儀なくされた
二部練では昼食や四時間の仮眠により、それなりに活力が戻った事もあり、若干心身回復し、その分平均ペースが多少上がっている







戻る






72km走2日後(2012/4/28)のランニングの記録(ForeAthlete405より)


空腹状態の朝JOGはペースが振るわないものの、軽い朝食を経た後の二部練では、活力が付いた分、前半から若干のペースアップをし、
後半は疲労した身体なりにビルドアップする気力・体力が有った
おかげで週初の二部練に続き、平均ペースを5:43/kmまで伸ばし、走行距離も21km余に至ったのだった






戻る



TOP